カラコン 保存

カラコンの保存はどうするの

 

カラコンを愛用している人はたくさんいますが、
けっこうカラコンに関して無知な人が多いように感じます。

 

カラコンについている説明書、購入時に書かれている説明文を
きちんと読んでいますか?自分の目を守れるのは自分だけです。
大切な目に何かあってからでは遅いです!
今一度カラコンの使用方法を確認して欲しいですね。
基本となるカラコンの保存方法をご説明したいと思います。

 

ドラッグストアに売られているコンタクト液には
だいたい付属でコンタクトレンズケースがついています。
カラコンを保存するのは、このコンタクトレンズケースに入れて下さい。
ワンデーカラコン以外は毎日コンタクト洗浄液を使いカラコンを洗いましょう。
カラコンを扱う前は、きちんと手を洗いましょう。
レンズは手のひらで優しく両面をこすり洗いします。
こすり洗いが終わったらレンズをすすぎます。
コンタクト洗浄液が出る時の勢いでコンタクトレンズをすすぎ洗いします。
コンタクトレンズケースの八分目くらいにコンタクト液を
注ぎその中にカラコンを浮かばせます。

 

ケース内の液が少ないとカラコンの一部が乾燥してしまう恐れがあるので、
必ずたっぷりのコンタクト液を注いで保存してくださいね!!
コンタクトレンズケースは基本的にはどこに置いてもかまいません。
しかし、カラコンをたくさん持っている人や毎日使用しない人は
なるべく日のあたらない所に置いておく方がいいですよ。

 

たまに放置しすぎてカラコンが干からびていた!なんてこともあるので、
しばらく使わない時は、たまにケース内のカラコンを確認してみて下さい。
もしも一部が干からびて乾燥してしまったとしてもコンタクト液につければ
しばらくたてば元に戻る事がほとんどなので安心してください。
カラコンを毎日洗浄するとき、コンタクトレンズケース内の洗浄液も
その都度取り替えるのがオススメです!!
汚れた液での保存は不衛生ですし、レンズをいくら清潔に洗浄したとしても
何の意味もありません。
コンタクト洗浄液は一回の洗浄でもたくさんの量を使うので、
なるべく安く販売されているものを使うことをオススメします。
安くても洗浄力があるものはたくさんありますし、
何より高いコンタクト液を使ってケチケチしながらレンズを洗浄することの方が
問題アリですからね。

 

保管の仕方を怠ると視力に悪影響を及ぼしてしまいます。

カラコンのケアや保存はしっかりと行いましょうね!